トップ > バリアフリー > 特殊詐欺とは?
特殊詐欺とは?

  特殊詐欺とは、面識のない不特定の者に対し、電話その他の通信手段を用いることにより、対面することなく欺罔行為を完結させ、被害者に財物を交付させるなどのものをいいます。
 騙しの手口等を紹介しますので、詐欺の被害に遭わないよう気をつけましょう。
  架空請求詐欺
  「名義を貸してくれ」と電話を掛け、承諾すると「名義貸しは違法だ、共犯だ。」などと警察官や弁護士を騙って「預かり金が必要だ。」「和解金が必要だ。」などと解決金目的で現金を騙し取る詐欺をいいます。
 
  オレオレ詐欺
  「風邪をひいて声が変わった。」「電話番号が変わった。」などと電話し、後日、「夫のいる女性を妊娠させてしまった。」「示談金が必要だ。」などと妊娠に関するトラブル解決目的で現金を騙し取る詐欺をいいます。
 
  融資保証金詐欺
  実際に融資をしないのに、融資をする内容のメールやFAXを送りつけ、融資を申し込んできた被害者から手数料等の名目で現金を騙し取る詐欺をいいます。
 
  融資保証金詐欺
  実際に融資をしないのに融資をする内容のメールやFAXを送りつけ融資を申し込んできた被害者から手数料等の名目で現金を騙し取る詐欺をいいます。
 
  ギャンブル情報提供詐欺(競馬、ロト6、パチンコ等)
  不特定多数の者に対して電話やメールなどの方法により、「絶対当たる競馬の情報を教える。」「ロト6で確実に当たる方法がある。」などと勧誘し、これに応じて会員登録等を申し込んできた被害者から会員登録料や情報料等の名目で現金を口座に振り込ませて騙し取る詐欺をいいます。
 
  金融商品等取引詐欺
  電話などで「必ず価値が上がる株がある。」「高値で買い取るから押さえて置いて欲しい。」などと未公開株、社債、公共事業債などの購入を持ちかけ、申し込んできた被害者から購入代金などの名目で現金を騙し取る詐欺をいう。
 
  還付金詐欺
  税務署や自治体職員等を装って「還付金がある。」などと申し向け、被害者をATMの前に誘導し、携帯電話でATMの操作方法を教える振りをしながら送金させて現金を騙し取る詐欺をいいます。

○ 被害防止に向けて
 
  特殊詐欺は他人事ではありません。
  いつか、あなたやあなたの家族が騙されるかもしれません。
  みなさんもご家庭、友人、会社、ご近所での日常会話で特殊詐欺の話題に触れてみて下さい。  その会話に参加した人は今後騙されなくなるでしょう。そういった輪を広げ、特殊詐欺を防いでいきましょう。

  現在、道警察では特殊詐欺を防ぐため、迷惑電話チェッカーの設置を推進しています。


バリアフリーに戻る