トップ > 釧路方面本部長からのお願い
釧路方面本部長からのお願い
〜 安全・安心な道東を目指して 〜
 5月11日(金)から20日(日)までの10日間実施されました「春の地域安全運動」について、各関係機関・団体等の皆様を始め、多くの住民の皆様の御理解・御協力をいただきありがとうございました。

【 災害被害への対処 】
 当方面管内の沿岸部は、過去に地震と津波により大きな被害が発生しており、
政府の地震調査委員会から、十勝・根室・千島沖での巨大地震の発生が切迫していると発表されております。
 幸いにして、皆様の冷静な対応により、大きな被害はありませんでしたが、4月と5月には、根室や中標津において、震度4・震度5弱を観測する地震が発生しております。
 地震や津波に対応するため、警察では災害警備本部の設置や救出・救助などの訓練を実施するとともに、自治体が主催する地域の皆様の避難誘導等の訓練に参加するなど、関係機関との連携を推進しております。

 有事に対応するため、皆様には災害に対する平素からの準備として、
  ○ 家族による一時集合場所、避難場所とその経路の確認
  ○ 御自宅等の防災対策の確認と非常持ち出し品の準備
をお願いいたします。
 また、災害による被害を抑止するためには、行政機関による対策だけではなく、町内会、自治会など地域コミュニティ単位で、お互いに安否を確認したり、要配慮者の避難を支援するなどの助け合いが大変重要であります。
 災害に備えて、今一度、家庭や職場、学校、地域における災害対策を一緒に考えていただきたいと思います。

【 交通死亡事故の抑止 】
 当方面管内の本年中5月末現在における交通事故死者数は9人で、昨年と比べて4人もの増加となっております。
 今後、本格的な観光やレジャーシーズンに入り、長距離運転や気温の上昇による集中力の低下等による重大事故の発生が懸念されるところです。
 交通死亡事故の抑止に向け、一層の安全運転と、歩行者や自転車利用者など、道路を利用する全ての皆様に対して、交通安全への御協力を今一度よろしくお願いいたします。

 
  平成30年6月
  北海道警察釧路方面本部長