トップ > 釧路方面本部長からのお願い
釧路方面本部長からのお願い
〜 安全・安心な道東を目指して 〜
 早いもので今年も残り1か月となりました。
 寒さが厳しくなり、例年より遅い初雪も観測されました。
 師走を迎え、なにかと気ぜわしい毎日ですが、風邪などひかぬよう身体に気をつけてください。


【 飲酒運転の根絶 】 
 飲酒運転は、悲惨な交通事故を引き起こす悪質、危険な犯罪行為です。
 お酒を飲むと、わずかな量でも運転に大きな影響を及ぼし、重大事故を起こす危険性が高まります。
 また、飲酒運転は、運転者だけではなく、周りの人にも重い処罰があり、「車を運転するおそれのある人にお酒を提供する。」、「お酒を飲んでいる人に車を提供する。」、「飲酒運転の車に同乗する。」などは、たとえお酒を飲んでいなくても処罰の対象になります。
 12月は忘年会シーズンでもあり、飲酒の機会が増えると思いますが、同僚や家族、友人と車で飲食店に行く際は、あらかじめお酒を飲まない人(ハンドルキーパー)を決め、飲酒運転を根絶しましょう。
 ※ 「今まさに飲酒運転をしそう!している!」等の情報は、
  飲酒運転ゼロボックスや110番通報で、警察にお知らせく
  ださい。
【 降雪期における事故の防止 】 
 例年、屋根の雪下ろし作業中の転落や、屋根からの落氷雪の下敷きになる事故が発生しているほか、暴風雪による車の立ち往生で命を落とす事故が発生しています。
 雪下ろし作業は、命綱を付けたり、通行人等の安全を監視する補助者を配置するなど、複数人で行うよう心掛けてください。
 また、暴風雪や大雪警報が発令された時は、吹雪で見通しが悪かったり、道路上の吹きだまりで車が立ち往生する場合があるので、防寒着や長靴、スコップ、牽引ロープ等を車載しておきましょう。
 
 本年も警察業務に対して御理解・御協力をいただき、誠にありがとうございました。
 今後とも皆様に警察の活動をより身近に感じてもらえるよう、積極的に情報発信をしてまいります。


11/9 冬の交通安全運動5者合同出動式
 
  平成30年12月
  北海道警察釧路方面本部長