トップ > 暮らしの安全情報 > この街を災害から守るために
 災害に備えて
 北海道警察では、「犯罪や事故のない安心して暮らせる北海道の実現」を基本理念として、活動重点の一つである「災害等の危機管理対策」を強力に推進しております。
 北海道東方沖(根室沖)から釧路・十勝沖に至る北海道太平洋沿岸東部・中部地域一帯は、過去に震度5以上が発生した地震多発地帯となっております。
 また、釧路方面管内には常時観測火山である「雌阿寒岳」「アトサヌプリ」「十勝岳」が所在しており、地震・津波・火山等による災害発生の危険性が高い地理的条件にあり、日頃から災害への備えが必要です。
 平成28年には、台風10号に伴う十勝地方を中心とした土砂災害等が発生しており、警察では、こうした災害発生時に、被害情報の収集、被災者の救出救助、行方不明者の捜索活動等を実施してきました。
 警察では、災害への対処において得られた反省・教訓を踏まえ、実践的な訓練の実施等、災害対処能力の向上を図っています。
 
 実践的な訓練の実施
□ 情報伝達、非常招集、災害警備本部設置、代替施設への機能移転など指揮体制を迅速に確立するた
 めの初動対処訓練や解体予定の駐在所等を活用した倒壊家屋からの救出救助訓練など、災害発生時を
 想定した実践的な訓練を実施し、災害への対処能力の向上を図っています。


災害警備本部設置訓練


ゴムボートによる救助訓練


解体予定駐在所を活用した救助訓練
□ 自治体や町内会等が主催する防災訓練に参加し、住民の避難訓練、防災関係機関との合同による救
 出救助訓練等を実施したほか、各種イベント等を活用した災害広報、地域住民等に対する防災講話を実
 施するなど、地域防災力の向上に向けた取組を推進し、住民の災害に対する危機意識の醸成を図ってい
 ます。


孤立地域を想定した救助訓練


災害救助犬による捜索訓練


住民の避難誘導訓練


車両からの救出救助訓練


海保と合同による警察部隊輸送訓練


イベントを活用した防災広報
 
 災害現場における活動状況
 平成28年8月の台風第10号に伴う豪雨により、十勝地方を中心に土砂災害、河川の氾濫等が発生し、警察では、被災者の救出救助、行方不明者の捜索、安否確認等の活動を実施しました。
行方不明者の捜索 道警ヘリによる捜索
災害救助犬による捜索   自衛隊、消防、警察による合同打合せ
 警察では、災害現場の最前線で一人でも多くの命を救うため、過去の災害から得られた教訓を大切にし、今後とも更なる災害対処能力の向上に努めていきます。
平成29年12月 北海道警察釧路方面本部警備課 
防災関係機関とのリンク(すべて別画面で表示します)
  ■ 気象庁 釧路地方気象台
  ■ 北海道開発局 釧路開発建設部 防災情報
  ■ 十勝総合振興局 防災・消防
  ■ 釧路総合振興局 防災情報
  ■ 根室振興局 防災について