トップ > 暮らしの安全情報 > 飲酒運転の根絶
            
飲酒運転の根絶について



 飲酒運転による交通事故は悲惨な交通事故に発展するなど大きな社会問題となりましたが、その後の取り組みなどによって減少しつつあるも、いまだに飲酒運転による悲惨な交通事故は後を絶たないのが現状です。
 そして、平成19年9月に道路交通法が改正になり、飲酒運転や、飲酒運転を助長する行為に対して罰則を強化した法律が施行されました。

 飲酒運転を根絶するためには、車を運転する方々はもちろんのこと、周りの方々も飲酒運転が重大交通事故に発展する極めて悪質・危険な犯罪だということを十分に認識するようにしましょう。

 道民の皆様が一人ひとり、「飲酒運転は絶対にしない、絶対にさせない」ということを徹底していただくとともに、飲酒運転を根絶させるよう、よろしくお願いいたします。



                         


                   飲酒運転の罰則

     罰    則

     酒酔い運転            5年以下の懲役又は100万円以下の罰金

     酒気帯び運転           3年以下の懲役又は 50 万円以下の罰金




  平成21年6月1日の道路交通法改正から、違反点数が引き上げられました。

 
  
     違反種別                  点 数     改正後の点数 

      酒酔い運転                 25点         35点

 
     酒気帯び運転

                 0.25mg以上     13点         25点

      0.15mg以上0.25mg未満      6点         13点



       飲酒運転の罰則

   車両提供者は、運転者と同じ処罰になりました。

     罰    則

    運転者が酒酔い運転       5年以下の懲役又は100万円以下の罰金

   運転者が酒気帯び運転       3年以下の懲役又は 50 万円以下の罰金



  酒類の提供・車両の同乗者の処罰

     罰    則

    運転者が酒酔い運転       3年以下の懲役又は 50 万円以下の罰金

   運転者が酒気帯び運転       2年以下の懲役又は 30 万円以下の罰金




 ※アルコールの影響により、正常な運転が困難な状態で運転して、人を死傷させる交通事故を起こした者は、危険運転致死傷罪の適用を受けて、最長で20年の懲役を科せられます。



                飲酒運転の同乗者の大半が、友人・知人、家族です。

             「酒を飲んだら運転しない、させない」を、実行して下さい。