トップ > 申請・手続 > 釧路・帯広運転免許試験場TOP > 外国の運転免許から日本の運転免許への切替え

外国の運転免許から日本の運転免許への切替え

  外国の運転免許から日本の運転免許への切替えは、住所地を管轄する運転免許試験場でなければ申請することができません。
外国の免許から日本の運転免許への切替えと
 有効な外国の運転免許証を持っている人は、一部の試験が免除されて日本の運転免許を取得することができます。これを外国の免許から日本の運転免許への切替えといいます。
 ただし、 
  〇  適性試験(視力検査や身体機能など)は免除されません。 
  〇  身体の障害などにより免許に条件が付く場合があります。 
  〇  国や地域により運転に必要な知識の確認や技能(運転に関する実技)の確認を行います。 

知識の確認及び技能の確認が免除される国と地域
 アイスランド・アイルランド・アメリカ合衆国メリーランド州及びワシントン州・イギリス・イタリア・オーストラリア・オーストリア・オランダ・カナダ・大韓民国・ギリシャ・スイス・スウェーデン・スペイン・スロベニア共和国・チェコ・デンマーク・ドイツ・ニュージーランド・ノルウェー・フィンランド・フランス・ベルギー・ポルトガル・モナコ・ルクセンブルク・台湾


切 替 え 可 能 条 件
(1)  釧路方面公安委員会管内に住所があること。
(2)

 外国の運転免許証の発給を受けた後、発給国に3か月以上の滞在実績があり、その証明ができること。

(3)  外国の運転免許証が有効な運転免許証であること。
手続きに関する注意事項
(1)  必ず予約が必要です。
 月〜金曜日の平日(午前8時45分〜午後5時00分)に電話で予約ができます。
(2)  事前に外国運転免許証を確認するため、日数がかかる場合があります。
(3)  外国語での対応はしていません。
 日本語による対応ができない方は、通訳のできる方を同行して下さい。
(4)  外国の運転免許証の発給国により、切替えに必要な運転免許証以外の書類や証明資料が異なります。事前に運転免許試験場に問い合わせをして下さい。
(5)  第二種免許への切替えはできません。
(6)  過去に日本の免許を受け、取消や拒否処分を受けた人は、切替え申請の1年以内に取消処分者講習を受講し、かつ、欠格期間経過後でなければ申請(受験)できません。
必 要 な も の
(1)  運転免許申請書、質問票(試験場で用意しています)
(2)

 有効な外国の免許証

(3)  申請用写真(縦3.0p×横2.4p、撮影後6か月以内) 
(4)  本籍又は国籍等記載の住民票(発行後6か月以内)
※ 住民基本台帳法の適用を受けない人は、旅券(パスポート)、外務
 が発行する身分証明書又は権限のある機関が発行する身分を証明す
 る書類及び現在の住所地に滞在していることを証明する書類
(5)  外国の運転免許証を日本語に訳した翻訳文
 日本自動車連盟(JAF)、当該運転免許証を発給した外国などの行政庁又は領事機関などが作成したもの。
(6)  パスポート
 外国免許を受けた後に3か月以上の滞在期間を確認します。
※ 滞在期間が確認できない場合は、他の確認書類が必要となります。
(7)  印鑑(署名でも可) 
(8)  過去に取得した日本の運転免許証があれば、その運転免許証
(9)  試験手数料及び交付手数料
 (例:普通免許試験手数料2,200円、交付手数料2,050円)
     
詳しくは   釧路運転免許試験場 (0154)57-5913   
     帯広運転免許試験場 (0155)33-2470   
にお問い合わせ下さい。