トップ > 申請・手続 > 釧路・帯広運転免許試験場TOP > 記載事項変更手続き

記載事項変更手続き

  免許証の記載事項に変更を生じた時は、すみやかに住所地を管轄する公安委員会に届け出て、変更事項の記載または記録を受けなければなりませんので、運転免許試験場や警察署等で手続きをして下さい。
 ※記載事項とは

@免許証番号 
A免許年月日交付年月日有効期間末日
B免許種類
C免許けた本籍住所氏名および生年月日
であり、に「C」の事項変更じた場合対象となります。

住所地等最寄りの警察署、一部の交番・駐在所でも、手続きをすることができます。
区分 運転免許試験場手続きをされる 最寄りの警察署手続きをされる
曜日 月曜日金曜日
※土・日曜日、祝日・振替休日及び年末年始(12月29日〜翌年1月3日)は休みです。
運転免許試験場の日曜更新窓口では、取り扱っておりません。 
受付時間  8: 45 〜 17:00
昼休時間(12:00〜13:00)も窓口対応しています。
 8: 45 〜 12:00
 13:00 〜 17:00
手続きに必要なもの 運転免許証記載事項変更
   運転免許試験場又は警察署等に用意しております。
運転免許証

【本籍(国籍等)・氏名・生年月日変更の場合】 
住民票 1通(提出していただきます)
  本籍(国籍等)が記載されているもの(申請前6か以内のもの)
  ※同一の戸籍の人が同時に届出をする場合は、届出者全員が記載された住民票1通で手続きができます。
【住所変更の場合】
新住所を確認できる書面(住民票、健康保険証、新住所に届いた本人宛ての郵便物など)
  ※家族の方などによる代理届出も可能です
手続の方法 ○ 住所地を管轄する運転免許試験場又は警察署で手続きをされる方
  手続きをした運転免許試験場や警察署で手続きが完了します。
○ 住所地を管轄する交番・駐在所で手続きをされる方(下記の交番・駐在所に限ります。)
  交番・駐在所で記載事項変更の手続きを行った後、運転免許試験場又は警察署でICチップへの書き込みが必要となります。
  交番・駐在所での手続きからおおむね1か月後に、管轄する運転免許試験場又は警察署に免許証を提出してください。
注意事項 〇 ICカード免許証は、本籍の記載が省略されていますが、内蔵されたICチップに本籍、住所、氏名などのデータが記録されています。
  したがって、本籍の変更を行った場合には、免許証の裏面に本籍を変更したことのみが記載され、新本籍はICチップに記録されます。
○ 手続きできる方は、交番等管轄地域の居住者が対象です。
○ 交番等は事件・事故も取り扱っており、不在になる場合もありますので、事前に電話による連絡を行うようにしてください。
手数料 記載事項変更の届出について、手数料はかかりません。

釧路方面管内記載事項変更交番駐在一覧

    
釧路 白糠 白樺昆布森鶴居阿寒阿寒湖畔庶路西庶路音別
厚岸   霧多布浜中茶内
弟子屈   川湯標茶塘路
根室   花咲落石納沙布
中標津   別海別海西駅前西春別標津川北羅臼
池田   高島豊頃大津浦幌吉野厚内浦幌
本別 足寄 陸別
帯広 札内芽室音更 十勝川温泉駒場幕別上士幌中央糠平士幌中士幌上美生大正川西中札内更別忠類
新得 清水 鹿追御影
広尾   調大樹